he'e umauma 'ohana !!

KUNIKI TAKAHARU WEB

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1/7【雪山×雪山×雪山=3連遊♪】深入山バックカントリースキー

20120106_00.jpg(4:30am)
自宅発。
今日は、今季新調した=バックカントリースキーの“初登り+初滑り”のため、県北の深入山(しんにゅうざん=1153m)に向かった。




・・・

【装備品一覧】


今回装備したメインのエクイップメントはこちら。(詳細は過去ログにて)
↓  ↓  ↓  ↓  ↓

1)Back Country Ski Equipments(メイン装備)
20111122_001.jpg20111220backcountryski01.jpg20111220backcountryski04.jpg
garmont_phantom001.jpgmarker_tour_f12_000.jpg
板・・・Black Diamond: Stigma
ビンディング・・・Marker: Tour F12
ブーツ・・・Garmont: Phantom
シール・・・Gecko: Free Ride


2)White Mountaineering Equipments(ザック装備)
20120106_02.jpg
1)バックパック(Osprey: Variant 37)
2)ヘルメット(Mammut: Skywalker 2)
3)スノーポール(Black Diamond: Trail compact)
4)ショベル(Black Diamond: Deploy 3)
5)カメラ三脚
6)カメラ(PENTAX: Optio WG-1)
 ※留め具はテープとカラビナで使い勝手の良いよう自作
7)ヘッドライト(PETZL: TIKKINA 2)
8)ワカン(Expert of Japan: Snow Shoes L)
9)エマージェンシー・ブランケット(MPI: Emergency Blanket)
10)スノーアンカー×4(mont-bell: Snow Anchor)
11)エマージェンシー・シート(Adventure Medical Kit: Heatsheet Blanket)
12)ツェルト、ペグ×10(Finetrack: Zelt 1)
13)FA Kit(袋=deuter: First Aid Kit Back S)
14)ゴーグル(mont-bell: Alpine Goggles Glasses in)
15)ウォーターボトル1L(mont-bell: Thermo Flex Water Pack 1L)
16)コーヒードリップ容器(MSR: MugMate)
17)220mlマグ(Belmont: TITANIUM DOUBLE-WALL Mug 220)
18)ウィンド・ガード
19)SOTOガス・トーチと、Iwatani-Primusのカートリッジ・ホルダー
20)クッカー(DUG: POT-M)
21)スプーン、フォーク、箸
22)ガス・カートリッジ(Snow peak: GP-110S)
23)バーナー(Snow peak: Giga Power Stove “Manual(地)”)
24)昼食のラーメン♪

20120106_03.jpg全部まとめるとこうなる!!・・・トータル≒8kg♪


※その他に装備したモノ
a)GPS(Garmin: Etrex Venture HC)
b)腕時計(Suunto: Core Light Green)
c)地図とコンパス
d)ナイフ
e)細引×10m程度





・・・





20120107_002.jpg(6:30am)
往路中、コンビニに寄ったりしてノンビリ現地着。
現地の気温は0度。少し高めだが、数日前から降り続いた雪と、夜半から降り続いている雪で、雪上はパウダーふかふか状態♪
日の出までにはまだ1時間くらいあるので、着替えや装備品の準備等をする。

(7:50am頃)
天候は雪、おあつらえむき♪
駐車場のある「いこいの村」を出発。



20120107_003.jpgスキー板でもかなり埋まってしまう程のパウダースノー♪
ビンディングの〝クライミングエイド(傾斜に合わせて角度が0度→7度→30度の3段階調節出来るハイクアップ機)”は、最初から一番高い位置に設定して登っていく。
板滑走面に貼っている〝スキー・シール”がよく効いていて、後ろへの逆滑りは殆ど無い。
ハイクアップ時のブーツはフリーに前傾可動の設定にしているので違和感無く登れる。
ブーツ内も、きつ過ぎず、ゆる過ぎず、とてもい~感じでだ♪

今期初めてチャレンジした=バックカントリースキーだが、むちゃくちゃ面白い♪
スキー板で真っ直ぐ山頂に向かって登っていく感覚は、これまでの私の思考に皆無だった発想。
まさに⇒“冒険”してる感覚だ♪



↓↓↓ Youtube(ハイクアップしているところ♪) ↓↓↓

↑↑↑ Youtube ↑↑↑



20120107_004.jpgいつもながら感じることは(過去、深入山には登山でも何度か来ている)、この山は傾斜がキツイ。。。
汗がしたたる程に噴出してくる。

ウェアのレイヤリング、大失敗だ。。。
スキーウェアで来るんじゃなかった。。。
これは雪山登山のウェアで挑まないと結構失敗するな~。。。
ちょっと休憩すると、とたんに寒くなる。。。



20120107_005.jpg20120107_006.jpg
静かだ。
今日の深入山は、私が1番ノリ♪
自分がハイクアップしている場所から上には、足跡が無い。
昨日以前に登られた後も、昨夜からの積雪で殆ど痕跡が無い。
・・・今日誰も登られていない雪面をじっくりと踏みしめながら、大自然を余す事なく満喫する。



↓↓↓ Youtube(2012/1/7の深入山♪) ↓↓↓

↑↑↑ Youtube ↑↑↑



20120107_007.jpg20120107_008.jpg
(9:50am)
深入山山頂(1153m)に登頂♪♪♪
普段の登山だと1時間もかからない山だが、今日は山頂までに2時間かかった。
山頂でしばし写真撮影するも、山頂はガスで何も見えないうえに風が強く、ウェア内ビシャビシャな体は直ぐに体温を奪われてしまってかなり寒い。
が、なんやかんやしてたら30分以上も山頂にいた。

そして!!

ブーツおよびビンディングを、ハイクアップの設定から⇒アルペンモードに切り替え、お待ちかね!!⇒パウダー滑走!!
膝上くらいまで埋もれながらの直滑降は、なかなか勇気がいる。
何度かノーズが突き刺さってブっ飛んだ(笑)。
・・・楽しすぎる!!

↓↓↓ Youtube(2012/1/7深入山登頂♪) ↓↓↓

↑↑↑ Youtube ↑↑↑



20120107_009.jpg20120107_010.jpg
(11:30am-13:15)
2時間かけて登り、15分で滑走・下山してしまうのはもったいない。
途中、止まってビンディングの調整をしてみたり、Wax塗り替えてみたりと色々と試行錯誤。
そしてお腹もすいてきたことだし♪
岩場の平坦な場所をみつけ、雪穴を作ってビバーク!!
昼食を戴くことにした♪♪♪
NASAが開発したというこのシート(上画像参照)・・・なかなかいい♪
雪穴にて快適アウトドアクッキング♪
本日の昼食は、ラーメン、そして雪山でたてる=熱くて美味し~いドリップコーヒー★
激ウマ♪♪♪



20120107_011.jpg(13:30-13:50)
残る=標高差100mぶんを、持参したワカンを履いて下山。
残る距離をスキーで滑走して下山するのも捨てがたかったが、新調したワカンを未だ使用したことが無かったので、せっかくのパウダースノー・・・練習することにした。

では。
スキー板はバックパックの両サイドに固定して、いざ、下山!!。

↓↓↓ Youtube(2012/1/7ワカン練習中) ↓↓↓

↑↑↑ Youtube ↑↑↑



20120107_012.jpg(13:50)
下山。

私が登ったあと、結構沢山のマウンテンスキー者、スノーシューやワカンでの登山者、あるいはスノーシューで登ってスノーボードで滑走する人たちが登りっていた。
ので、駐車場は満員御礼状態。

では。
この施設の温泉に入って、帰ります♪



・・・



【2012/1/7山行Data】
20120107_001.jpg 20120107_000.jpg





|  ⊥Climb, Camp, Trek, Ski | 23:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。