he'e umauma 'ohana !!

KUNIKI TAKAHARU WEB

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【山行装備品2011】雪崩無線機(ビーコン)

■ Avalanche transceiver (Beacon) / 登山・雪崩 / ビーコン(雪崩無線機)
 (2011年12月購入)

moblog_581f5d89.jpg【要旨】
雪山登山を計画する以上、充分過ぎるほどの計画と準備を怠ってはならない。加えて、遭難や雪崩を回避するための知識や技術はもちろんのこと、最悪のケースを想定したリスクマネジメントはしっかりと押さえておきたい。その装備品の1つがビーコン。救助のご厄介になってはならないが、万が一を考え、“お守り”として装備した。




■Beacon
mammut_Barryvox_Element001.jpg【メーカー】Mammut(マムート)
【商品名】ELEMENT Barryvox
【モデル(Ver.)】2011年12月
【重量】本体=210g キャリングケース=130g

【購入価格】¥39,900
(実際はショップバーゲン時に購入したので¥35,900)

【機能】
●機能:デジタル3アンテナ
●ボディ:人間工学的耐衝撃、耐防水型
●周波数:457khz
●捜索可能範囲:60m以上(※2011.10・・・捜索可能範囲が改訂)
●捜索幅:50m(※2011.10・・・捜索可能範囲が改訂)
●サイズ:113×75×27(㎜)
●単4アルカリ電池×3(バッテリー寿命=200h以上)

【商品解説】
「よりシンプルに。より分かりやすく」をうたい文句に、同社上位機種である=PULSE Barryvoxのベーシックプロファイル機能のみを搭載した、リーズナブルでエントリユーザーに最適のニューモデル。ボタン1つで簡単に操作することができ、明快な表示により埋没者が複数存在しても素早く正確に埋没者へと導いてくれる。

moblog_65cb13f1.jpgmoblog_a1598a22.jpgmoblog_e2d4915b.jpg
【個人的所感】
ここ数年ビーコンの良いモノが沢山出てきており、安価なモノから高価なモノまで様々。
私的には、だいたいが単独行なので、ビーコンは“お守り”的役割。
これが使われることが無いような登山計画と準備で臨みたいが、他方、そのような状況に至っている第三者に出くわした時には真っ先に捜索に協力したい。
よって、1)3アンテナ、2)使いやすい(操作が解り易い)、を、購入にあたっての課題とした。
が、最終的には、マムートのロゴが可愛らしいし...みたいな素人感覚で決定(苦笑)。
購入したビーコンのタイプは、バックライトが無い、リチウム電池では使用出来ずアルカリのみ、捜索時のアナログ-デジタル切り替えが無く→デジタルモードのみ、等々、上位機種からいくつかの機能が省かれたタイプのモノなのだが、最小限に必要とされる機能は全て上位機種と同等である点でスゴイと思い、購入に至る。
このマムート・ビーコン=ELEMENT・・・・・機器っぽく無く、可愛らしい色や形状がなかなかいい感じ♪
機能的で且つ比較的求めやすい金額であることから、ずいぶんと売れているようで、なかなか在庫を抱えているショップに出会わない。。。が、私の場合は、地元=広島の登山用品店でたまたま在庫があり、即決購入に至る。





追記-1
ビーコンの機能解説については以下が詳しいので紹介する↓↓↓
http://www.largo99.com/store/backcountry/avalanche/beacon.html



追記-2(Youtube)↓↓↓



|  ⊥Climb, Camp, Trek, Ski | 14:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。