he'e umauma 'ohana !!

KUNIKI TAKAHARU WEB

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

11/13【学会大会(神奈川)出張=2/2日目】“海水浴史”研究発表!!

20111113_1.jpg
スポーツ史学会第25回大会=2日目。
本日最初の発表・・・・・9:30am-10:00am=私の研究発表からだ!!


・・・今朝は4:00amには起床し、発表の最終のツメを怠ることなく、万全を期したつもりだ。
堂々と、胸を張って、本邦初公開!!となる史料を紹介させて頂こう♪



・・・



発表学会名:スポーツ史学会第25回大会(至:東海大学湘南キャンパス)
発表日:2011(平成23)年11月13日

発表主題:明治期の海水浴論
発表副題:1883(明治16)年の栗本東明「日本海水浴説」について


発表者:國木孝治(広島大学大学院教育学研究科)
連名者:無(単独発表)

概要:今日までに未見の資料であり本邦初公開となる、栗本東明が1883(明治16)年の『東亰醫事新誌』に寄稿した「日本海水浴説論」について、その紹介と内容の検討を行う。

抄録:スポーツ史学会第25回大会発表抄録集



・・・


(10:00am)
発表を終えて。。。

20分の持ち時間をフル活用し、発表できたと思う。

発表後の、10分間の質疑応答は大盛況(?)だった。
次から次へと質疑あり、誤字脱字に関する指摘等もあったが(苦笑)、
日本海水浴の黎明期研究に、多くのフロアの先生方が興味を持って聴講下さったように思うし、また、広い範囲でご質問戴いた。

さらには、私自身だけでは気付けなかった視点からのご質問もあり、気付かされ、勉強になった。



さて!!


これで一段落だ!!
来週末に、もう1本の研究発表を控えているが、とにもかくにも一段落。

オツカレ!!、自分!!









・・・







さてさて。。。

自身の発表の後、学会大会は午後も続くのだが、そそくさと会場を後にした。
「東海大学前」から小田急線急行で一路⇒「新宿」へ!!
そして、新宿の後は、都営地下鉄に乗って「神保町」へ!!
向かった先は???
↓ ↓ ↓
 

=登山屋さん♪♪♪
・・・広島には店舗の無い=Iスポーツ店を2店舗ハシゴする♪

(12:30pm-13:15) ・・・新宿店を物色♪
(13:45-14:45) ・・・神保町の登山本店を物色♪

色々と買い込んだ♪♪♪

で、急ぎ移動⇒東京駅へ!!



・・・



(15:13~)
私としては珍しく、新幹線で帰路へ。
(だいたい4時間も座ってられないので、いつもは飛行機移動)

では、
帰ります♪

また来週来るまで♪
(来週は、広島⇒東京⇒横浜⇒東京⇒大分県⇒広島、な大移動週末だ♪)

| 学術研究 | 23:51 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。