he'e umauma 'ohana !!

KUNIKI TAKAHARU WEB

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

10/27【Oakley】HALF JACKET 2.0

oakley_harf_jacket20_2.jpg⇒⇒⇒oakley_harf_jacket20.jpg
【2011年10月27日購入】

【メーカー】Oakley
【商品名】Half Jacket 2.0
【レンズ】Photochromic Lenses (調光レンズ)
【購入金額】¥23,100




紫外線量に応じてレンズの濃さが変わる=調光レンズを採用したOakleyサングラスは過去にも出ていたが、“ほぼクリア”なレンズ(“ほぼ”透明)から調光するタイプのモノは、今年始めて発売されたのではないだろうか???
Transitions®(フォトクロミック)レンズ、というらしい。

ここ数年、この“調光レンズ”を採用しているサングラスには、とても興味を持っている。
なぜならば、、、⇒バイク(カブ)の運転時(通勤メイン)にとても便利だから。
例えば、トンネルに入った時。
例えば、日が暮れてからの帰宅時。
・・・・・ヘルメットを被っている中のサングラスを、運転中に取る訳にもいかず、また、夜は夜で、サングラスをポケットに入れて帰るほどゾンザイに使用する訳にはいかないので、掛けて運転しても困らないレンズ、となると⇒調光レンズ!!、という結論に達する。

その他、登山やトレッキングをする際は、直射日光を浴びる場所を歩いているかと思えば、雲海の中に入って視界が困難な時もあるし、そういったスポーツ現場で“調光”するレンズはとてもありがたい。



・・・現在、
“完全なクリア”なレンズ状態から調光するスポーツサングラスというと、イタリアの=Rudy Project(ルディ・プロジェクト)だけなんじゃないかと思う(個人の知る範囲で)。

「早くOakleyも出さないかな~。。。」と昨年頃(2010年頃)は思っていたものだが、ようやく、“ほぼクリア”なレンズ(“ほぼ”透明)から調光するタイプのモノが出てきた♪



・・・眼鏡屋さんに聴いたところ、今は15,000円くらいから、自分の眼鏡やサングラスのフレームに合わせてこの調光レンズが作れるそうで、いやはや、技術の進歩は凄い!!


で。


所有しているOakleyサングラスは数あれど、過去、Oakleyのサングラスの中で購入したことの無かった=“ハーフジャケット”が、バージョン新たに(Ver.2.0)復活し、調光レンズを採用していたので、この度の購入に至った。



明日の通勤時にさっそく試してみよう♪

| コダワリGoods | 23:25 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2013/11/05 07:52 | |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。