he'e umauma 'ohana !!

KUNIKI TAKAHARU WEB

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

9/30【鹿児島・熊本・山口の旅=8/9日目】阿蘇山麓源泉湯巡り!!

20110930_02.jpg20110930_03.jpg
20110930_05.jpg20110930_04.jpg
鹿児島・熊本・山口の旅=9日目。
↑4画像は、昨晩から1泊させて頂いた=「エル・パティオ牧場」(熊本県阿蘇市一の宮町)。


昨夕(チェックインして間もなく)から今朝にかけて、あいにくの雨模様。
エル・パティオは雲の中だ!!
昨日INした宿泊客は我々家族1組で、静寂な大自然のなか朝食を戴く。

・・・朝食を頂きながら、オーナーの久田氏とお話しをさせて頂いた。
ご自宅は京都にあるそうなのだが、系列の牧場が栃木のほうにあるそうで、お忙しい日々を送られているそうだ。
そしてサスガは牧場繋がり♪♪♪・・・・・私を含め私の家族ともども、この宿泊施設や牧場、馬、阿蘇など、縁の無いハズではあるのだが、相馬・川嶋氏を通じて繋がりがあることがわかった。
・・・スゴイご縁だ。。。。。人と出会うことで“運”ばれてくる“命”=“運命”を感じずにはいられなかった。

・・・話しに華が咲いて、こ1時間も朝食に時間を費やした。

で、9:00am・・・チェックアウト。



さて。
今日1日は、最終的に下関(山口県下関市)に到着できれば良い。
したがって今日日中は!!

『山麓(さんろく)の湯煙り巡り♪』

・・・と題して、温泉郷(源泉湯)を求めて山麓を巡りながら、九州最終日を堪能したい。




・・・


①【黒川温泉郷 (熊本県阿蘇郡南小国町奥黒川温泉)】
20110930_001.jpg20110930_06.jpg
(9:30am-11:00am)
宿泊先のエル・パティオ牧場から「やまなみハイウェイ」を北上し、442号交差点を左折し走ること、延べ≒13km・・・・・「黒川温泉郷」に到着。
この温泉郷は、限られた峡谷空間内に沢山の温泉旅館がひしめき合っている。
ここから比較的近い=湯布院などと同じく(?)かなり観光化されていて、平日朝(それも雨な朝)なのにスゴイ人!!
どの旅館も、宿泊はもとより、日帰り入浴が可能。
温泉組合では「入湯手形」を発行・販売していて(1枚=1,200円)、これを購入すると日に3ヶ所の温泉に入浴できるそうだ。

さて!!
ここ「黒川温泉」郷には、“共同浴場”が2ヶ所在る!!

①「穴湯(あなゆ)」・・・混浴
②「地蔵湯(じぞうゆ)」・・・男女別浴

そして本日午前中の目的は、この「地蔵湯」に浸かること!!
・・・地蔵堂前に建つ共同浴場「地蔵湯」は黒川温泉発祥の湯と云われている。

20110930_07.jpg20110930_08.jpg
入浴料金は200円、料金100円をまず入口の料金箱に投入するとドアが開き、中に入って残り100円を通路の料金箱へ入れるシステムだ。
20110930_09.jpg「「地蔵湯」の浴場はとってもシンプルで素朴な造り。
そこがまたいい★★★★★
浴槽は上湯と下湯の2つに仕切られており、熱~い源泉湯が掛け流されていて(画像右浴槽)、左手の浴槽が水でうべられちょうど良い湯加減になっている(画像左奥浴槽)。
湯は無色透明、無味無臭。

我々がここで入浴していた時間は約15分程度だと思うのだが、その後ずいぶんと長い時間=手足の先までポカポカだった。
良い温泉だった♪
たぶん、過去に訪れた色々な温泉のなかで(沢山入っている訳ではないので、あくまでも個人的主観)⇒一番だ!!




・・・




②【湧蓋(わいた)温泉郷「豊礼(ほうれい)の湯」】
(熊本県阿蘇市小国町)
20110930_002.jpg20110930_11.jpg
(11:30am-13:00)
黒川温泉を後にし、車を西に走らせること≒23km・・・・・「湧蓋(わいた)温泉郷」に到着!!
この温泉郷は、多くの温泉がコイン式の家族風呂を有していて、だいたい800円(内風呂の場合)~1500円(露天風呂の場合)くらいで、50分~60分間の貸切風呂が利用できる!!
20110930_10_2.jpg20110930_10_3.jpg
・・・わいた温泉郷は涌蓋山麓に広がり、岳の湯(たけのゆ)温泉・はげの湯温泉・山川温泉・麻生釣温泉・鈴ケ谷温泉など6ケ所の温泉地が所在する。
今日の我々の赴いた先は、“岳の湯温泉”の「豊礼の湯」へ!!
テラス横の温泉蒸し器で「地獄蒸し」が作れ、宿泊者・入浴者は無料で蒸し器を利用できる。
湯治客の方々が沢山いるようで、色んな食材を蒸しておられた。

さて、我々の入浴は!!・・・と言うと♪♪♪
・・・家族風呂が沢山あるなかで、“岩・露天風呂”をチョイス!!
1h=1,200円ナリ♪♪♪
20110930_10_4.jpg20110930_10.jpg
お湯がその都度入替えられる家族風呂はそれはそれは魅力的♪
コバルトブルー色した湯は日によって色の濃さが違うらしく、この日は薄めの乳青色♪♪
スベスベとする肌触りが気持ち良かった♪♪♪





・・・





20110930_003.jpg20110930_12.jpg(13:00過ぎ)
湧蓋(わいた)温泉郷を後にし、国道を北上。
玖珠(くす)ICから高速道路を利用し、湧蓋から車を走らせること≒160km・・・。
(17:00)
今夜の宿泊地=下関(山口県下関市)に着いた。
上画像は関門海峡(門司側)での一コマ♪

さて。
ここから自宅までは約200km。。。
ものの2時間強もあれば帰宅できるのだが。。。
・・・せっかくの週末だしね♪
明日1日=最終日!!を堪能して帰ろうと思う♪♪♪

| Trip | 20:45 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

ayumi=有り難う♪

知らない土地での生活は、なにかと疲れるもんです。
これからの長い人生を過ごされるのでしょうから、沢山遊んで、自身が楽しく過ごせる環境をつくってください♪
九州はそんな意味でも、たくさんの名所・旧跡、温泉があり、良いところだと思います♪♪
・・・私は40になるまで独身で、楽しく充実した時間を過ごしてきましたが、こうして家族が出来てみて、新しい喜びと楽しみがあるんだな~ということを、今、とても実感しています。
今度、宮崎・鹿児島方面へ行く際には、是非、一緒に一杯やりましょうね♪

| kuni | 2011/10/02 09:56 | URL |

鳥取を離れてから“温泉”と無縁の生活しています。
九州にはいっぱい温泉がありますね!!
kuniさんのブログがガイドブックになりそうです★
九州旅行をするときには、この記事をまたのぞかせてください!!

家族3人の笑顔が素敵すぎです。しかもお風呂で一緒って言うのがあったかくて★★私もベイビー欲しくなりました。

| ayumi♪ | 2011/10/01 02:27 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。