he'e umauma 'ohana !!

KUNIKI TAKAHARU WEB

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

3/18(4)【顔晴ろう東北=Day4】大町病院へ

(10:30-19:00)
市長の特命を受け、急きょ⇒南ソウマ市・大町の病院へ赴く。
ここは、福島第一原発から25kmの距離(北)に位置している。


・・・今日(3/18)13時過ぎのNHKニュースによると、次のような報道がされていた。


『福島県の福島第一原発から25キロの距離にある南相馬市の青空会大町病院には、お年寄りの患者を中心に180人が入院しています。屋内待避の指示が出た今月15日以降、病院には医薬品が運ばれてこなくなり、重症の患者に必要な点滴薬などが相次いで底をつきました。この影響で、肝硬変の患者が脱水症状から多臓器不全に陥り、17日に死亡するなど、これまでに少なくとも2人が十分な治療を受けられず、死亡したということです。さらに、食料も明日の朝食の分までしか残っていないということです。』


お隣の市であるが、こういう事態においては、ワラをもすがる想いであると思う。
市長の命により、水やお弁当等物資を車いっぱいに積み込み、市の車を1台貸し与えられ、出向いた。

まさに、今日、私たちは、ニュースで取り上げられた、リアルタイムな場にいる。

現況は。。。

・・・ご高齢の+重篤患者が非難出来ず、数名の医師と、1フロアに1~2名の看護師しか残っていない現況下だ。

婦長さんの指示をあおぎ、各フロアに分かれて、お手伝いさせて頂く。

その内容は、

患者の食事の介助から、介護、
また、移転先が決まった際に、速やかに引き継ぎが出来るよう、カルテ等書類整理のお手伝い等、
多岐である。

しかし私たちの真骨頂は、「何でも出来る」こと!!

婦長さんも、私たちが来たことに、とても喜んでくださり、「こんなに“人がいる”ってことが勇気付けられるとは思わなかった」と言われていた。

そして。
15:00過ぎになると、ニュースを知った地元の方が数名、ボランティアに来てくれ、更にパワーアップ!!

18:00過ぎ・・・何とか今日1日を乗り切ることが出来た。

約180名の患者が、全て安全な地域の病院へ転院出来るのは、いつになるであろう。。。
早急に対応してもらわねばならない。

私が担当していた病室も、今日、おひと方が亡くなられた。

お亡くなりになられても、移動することが出来ず、その同室内で私は、他のおばあちゃんたちの夕食の介助をしていた。

暖房も聞かないので、病室が寒い。。。

1時間でも早く、移設を!!

それまで、病院の関係者および私たちは、全力で、この施設に入院されている方々のための対応を続ける。

ガンバれ、おじいちゃん、おばあちゃん!!

|  ⊥震災救援・支援活動 | 20:17 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

よしろう=有り難う!!

是非、お力、貸してください!!

| kuni | 2011/03/19 21:54 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/03/19 19:27 | |

KUNIKIさん

被災地での活動お疲れ様です。
僕らもHilsメンバーとして、微力ながら力になれるように出来るだけ多くの救援物資を送れるようにがんばります。

現地はまだまだ寒いようですので体調を崩されないようにしてください。

| よしろう | 2011/03/19 00:15 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。