he'e umauma 'ohana !!

KUNIKI TAKAHARU WEB

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

7/6【ベルツの日記】ドイツ語原著

moblog_cfacd845.jpgエルヴィン・フォン・ベルツ
= Erwin von Bälz (1849.1/13-1913.8/31)
明治期にいわゆる“お雇い外国人”として東京医学校(現・東京大学医学部)の教師として招かれたドイツ人医師。
彼の日記・手紙等を編集した『ベルツの日記』はあまりにも有名であり、日本における温泉や海水浴の効用を説いたことでも知られている。
この(写真画像)本はその原著版。
日本人の歴史研究からすれば重要な日付部分も、当時のドイツ本国ではさほど重要視されずカットされている部分が多々ある。
そう考えると、日本語訳書の出版本は大変貴重な資料であると言える。

(PS)この原書は当たり前ながら→ドイツ語だ。


(原著)
Bälz, E. (1930) Das Leben eines deutschen Arztes im erwachenden Japan: Tageücher, Briefe, Berichte herausgegeben von Toku Bälz. Engelhorns Nachf: Stuttgurt.
(訳書)
ベルツ:トクベルツ編・菅沼竜太郎訳(1979)ベルツの日記-上・下.岩波文庫:東京.
balz201007.jpg

|  ⊥Source Books | 23:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。