he'e umauma 'ohana !!

KUNIKI TAKAHARU WEB

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2/17【最近の心配事】白斑

「尋常性白斑(ジンジョウセイ-ハクハン)」という症状(皮膚病)を最近耳にする機会がある。
そう、マイケル・ジャクソンも患わっていた1人だ。

そして、実は。。。


20100217184648.jpg
私もここ2年前からこの白斑が出はじめて⇒先月から通院している。



・・・



「尋常性白斑(vitiligo)」は、後天的に全身の皮膚の色素の一部が脱色する病気で、自分の体の中の、本来ならば細菌などから体を守る白血球等が自己の体の細胞を攻撃する、というもの、だそうだ。

自己免疫機能が、メラニン色素を形成する細胞を攻撃するらしい。

原因は分かっていないことのほうが多く、有効な治療法も見つかっていないのが現状だそうだ。

伝染性は無く、生命の危険性も無い、ということなのだが、人によっては広範囲にわたって色素が抜けてしまうため、見た目=精神的にヤラレてしまう、のだそうだ。

特に黒人さんは、はっきりと黒⇒白になるので、メイクしたりして隠したり、と、大変みたいだ。。。



・・・



私の場合。。。

胸+背中+肩の広範囲ではあるがポツポツと、白斑の大きなもの(それでも幅5cmくらい)は数個あるのだが沢山あるという具合では無い。

また、ちょうど=冬の季節なのであまり目立つ感じも無いので+顔等には出ていないため、あまり気にはしていないのだが、サスガに他の病気のことも考え⇒受診し⇒この疾患のことを知った。

「真菌(シンキン)」という、一種のガビが原因で肌に白斑が出来る場合もあり、数週間前からこれに対応する軟膏を塗ってみて⇒肩のあたりは薄くなってきたので⇒真菌によるものと思われたが、胸+背中の白斑は無くならなかったので⇒尋常性白斑が疑われる。

・・・今後は。。。

(1)皮膚の一番外側の細胞が増えるのを抑えて角質層が厚くなるのを改善するような=軟膏を処方してもらったので塗ってみる

(2)機器のある病院へ紹介状を書いてもらったので⇒PUVA療法という紫外線照射を行う治療法を試してみる

・・・ことにする。

が、効果は人によってあったりor全く無かったり、と、様々だそうでナントモ。。。

ま~、やってみるしかないよね。。。



(余談-1)
一昨年(2008年)の夏くらいから気になるようになり、昨年(2009)年に更に広がったので。。。
⇒⇒⇒と言うことは⇒⇒⇒私の「前厄」の歳に出てきて、そして昨年は⇒「本厄」、そして今年⇒「後厄」。。。。。。
ん~。。。大昔から、この歳になる頃は色~んな事が災いや病気or厄となって出てくるって知ってたんだね~。。。
まっ、一応⇒お祓い☆には行ったから何とかなるでしょう!何とかっ!!(笑)

(余談-2)
メラニンを作れない部分の皮膚が色素脱失する、とういことなので⇒「夏は海に出っぱなしなんスけど…」と医師に質問したら⇒⇒⇒「ラッシュガード着て紫外線に当らないようにっヽ(*`Д´)ノ。。。云々」と言われた...。
・・・と言うことは!?!?!?

⇒⇒⇒これからの人生はラッシュ来て+オシロイ塗って、
=『♪美白KUNIちゃん♪』
・・・でいこうと思うゾ!!(笑)



・・・



【PS】
YouTubeで、この症例の解説をしているのがあったので紹介する↓↓↓
http://www.youtube.com/watch?v=amKqa6hzN9w
色んな意味で、とっても良いVTRだ☆

| 健康σ( ̄、 ̄=) | 18:13 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

まっちゃんへ

来週くらいから色々と試してみるから、良い報告があれば連絡するね!!

| kuni | 2010/02/25 00:34 | URL | ≫ EDIT

自分もです・・・

自分も一昨年から胸周辺にポツポツと出てるのが気になり、
尋常性白斑と診断されましたv-12
kuniさんと同様に軟膏を処方されましたが、なかなかの長期戦ですよ・・・

紫外線照射での治療結果聞かせてくださいね(^^)

| Ph.Dまっちゃん | 2010/02/18 11:28 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。